【コードレス掃除機のおすすめ】Amazon.co.jpでベストなコードレス掃除機を見つける方法

モノ比較編集部

掃除機のトレンドは取り回しのしやすいコードレス掃除機です。次に掃除機を購入するならコードレス掃除機を考えている人も多いと思います。ここでは、コードレス掃除機の選び方を価格や性能などを比較しながら解説します。

コードレス掃除機の性能と価格の比較

コードレス掃除機の王道はスティック型です。コンパクトで取り回しがしやすく、収納スペースも節約できます。キャニスター型はパイプ部分と、タイヤが付いた本体部分が分かれているタイプです。ハンディ型は車内やデスクの上の掃除に向いている持ち運びしやすいタイプです。

集塵方法には大きく分けて「サイクロン式」と「紙パック式」があります。サイクロン式は遠心力で掃除機のゴミと空気を分離する方式です。紙パックが不要で、空気のにおいや汚れが気にならないメリットがありますが、お手入れに手間がかかってしまいます。それに対して、紙パック式は溜まったゴミをそのまま捨てられるので、従来からの方式に慣れている人には向いているでしょう。

コードレス掃除機の性能をチェックする上で重要なのは「吸込仕事率」です。掃除機がどれくらいのゴミを吸い取れるかを判断する目安になります。スティック型は約20~100Wが、キャニスター型は約200〜600Wが標準です。

また、連続使用時間も性能をはかる上で重要な目安になります。さらに掃除機を稼働したときの騒音は「dB(デジベル)」でチェックしておきましょう。60dBなら静音性に優れているといえます。

価格と性能は一般的に比例しています。1万〜2万円の低価格帯の製品はヘッドブラシなどが簡易ですが、3万〜4万円の価格帯になると、ヘッドブラシがパワーブラシになったり、モーターの出力も大きくなったりします。7万円以上の製品だと、集塵だけでなく、水拭きなども行えるコードレス掃除機もあります。

人気のあるコードレス掃除機のレビュー

ベストなコードレス掃除機を選ぶにあたっては、人気のあるコードレス掃除機のレビューを参考にしましょう。実際にコードレス掃除機を使用したユーザーの実体験を通じて、製品の使い心地を知ることができます。

性能で特にチェックしたいポイントは、吸収力と騒音です。上述したように「吸込仕事率」や「dB」で判断はできるものの、実際使用してみて「よくゴミを吸い込むのか」「掃除中にうるさく感じるか」をレビューから確認しておきましょう。

 
日本でおすすめの掃除機10選はこちら
 

まとめ

コードレス掃除機のおすすめはAmazon.co.jpで購入できます。ぜひ、あなたにとってベストなコードレス掃除機を探してみてください。