スーツケースの選び方

モノ比較編集部

旅行に、出張に大活躍のスーツケース。スーツケースを賢く選ぶことで滞在中の快適さや心地よさは大きく変わります。ただ、実際に使ってみないと分からないのも事実です。

ここでは、スーツケースを選ぶ上で注意したいポイントを2つ挙げて、解説します。是非参考にしてみてください。

利用目的から選ぶ

スーツケースの主な目的は以下の3つ。それぞれに適したスーツケース、キャリーバッグについて紹介します。

国内旅行

国内旅行は海外旅行に比べて短期である場合がほとんどでしょう。季節や交通手段、アクティビティによって選ぶべきスーツケースは異なりますが、空港を利用する場合、機内持ち込みサイズ(3辺の合計が115cm、重さ10kg以内)がおすすめです。

2泊から3泊程度の旅行であれば、35~50Lを選びましょう。このサイズであれば、新幹線で移動する際にも狭い通路も移動しやすく、荷物棚にも載せやすいです。

海外旅行

海外旅行に持っていくスーツケースは必然的に容量が大きくなりますが、大きすぎると移動するのに不便です。海外旅行の予定に合わせて、1泊=10Lを目安にスーツケースを選ぶと良いでしょう。つまり、3泊までは30~50L、4~5泊であれば50~70L、1週間以上であれば80L以上という具合です。

また、目的地にも寄りますが、石畳や舗装されていない道を通ることも多いはず。そのため、サスペンション付きのホイールを選ぶとキャリーケース持ち運びのストレスを軽減できます。

出張

出張にはノートPCやスーツを収納することも多いため、容量よりも機能性を考えたいところです。例えば、フロントポケット付きのスーツケースだと、メイン収納部をわざわざ開けなくても、中のものを簡単に取り出すことができます。

サイズは機内持ち込みサイズを選ぶと時間を短縮できます。短期間の出張であれば、スーツケースではなく、旅行用バッグを選ぶのも一つの方法です。

ブランドから選ぶ

スーツケースのブランドにはリモワ、サムソナイト、イノベータ―、ace、レジェンドウォーカー、ロジェール、プロテカ、無印などがあります。ここでは、そのうちのいくつかを紹介します。

リモワ

リモワは、2000年に世界で初めてポリカーボネート製スーツケースをリリースしました。中でも軽量モデルの「エッセンシャル」は、一般的なガラスの250倍の強度を誇り、マイナス100度~100度までの環境に耐えられます。

プロテカ

プロテカは日本が誇る鞄メーカーaceのオリジナルブランド。持ち運びがスムーズで、静音性の高さも特徴です。

ロジェール

ロジェールの人気モデルは、2015年に発売された「Cubo-S」。機内持ち込みモデルでフロントポケットがついているため、ノートPCを持ち歩かなければならない旅行者やビジネスマンにもぴったりです。

まとめ

ここでは紹介できなかったブランドの中にも魅力的な製品がたくさんあります。Amazonではたくさんのブランドやさまざまなタイプのスーツケースを比較しながら、自分に合った製品を選べます。頻繁に購入するものでもないため、安い製品よりも、ブランドや機能性にこだわって選ぶことをおすすめします。

 
日本でおすすめのスーツケース10選はこちら