メンズ服の選び方

モノ比較編集部

メンズ服を選ぶときに何をポイントにしますか?好きなブランドばかりを購入するという方もおられれば、色を基準に選ぶという方もおられるでしょう。組み合わせやコーディネートを工夫すれば、もっとオシャレに見えて、センスの良さをアピールできます。

ここでは、カジュアルとビジネスカジュアルに分けて、解説します。

カジュアル

アイテム単体のブランドやシルエット、色も大事ですが、意識すべきは全体のコーディネートです。「V」「A」「I」のシルエットを意識してみましょう。「V」とはトップスにボリュームがありボトムスがスリム、「A」とは逆にトップスがコンパクトでボトムスがワイド、そして「I」とはトップスもボトムスもともにスリムなシルエットです。

色は好きな色を自由に組み合わせたり、黒一色でまとめたりするのも良いですが、全体的にバランス良く見えるのは、全身の色を3色に抑えるコーディネートだと言われています。ただ、オシャレ初心者の方はさらに色を1つ減らし、ベースカラーを決めて、それに1色を加える、合計2色以内にまとめると良いでしょう。

ビジネスカジュアル

ビジネススタイルが多様化し、「ビジネスカジュアル」という言葉を頻繁に聞くようになりました。これまではスーツにネクタイ、革靴が必須だったオフィスですが、選択の幅が広がっています。

ただ、あくまでも仕事のための服装であることを忘れずに、基本は襟付きのシャツ、パンツ(スラックス、チノパン)、ジャケットを清潔感のあるコーディネートでまとめます。セーターやベストを着るとしても、色は少なめに抑え、シンプルなデザインにしましょう。

帽子やズボンがNGというわけではありませんが、全体のコーディネートがカジュアル過ぎないようにすることが大切です。例えば、オフィスによってジーンズがOKならば、上半身はドレッシーなジャケットを着るという具合です。

まとめ

メンズ服ブランドはさまざまで、服装の流行りやトレンドも変化するため、どこで買うのか迷ってしまいます。実際に店舗に足を運び、実際に試着してみるのも良いでしょう。また、忙しくて時間がないなら、通販やAmazon、アプリなどを利用するのも一つの方法です。自分に合ったコーディネートを見つけましょう。

 
日本でおすすめのClothing 10選はこちら