レディースの財布の選び方

モノ比較編集部

財布はお出かけの際には必ず携帯するため、特にこだわりたいアイテムの1つです。ただ、デザインやカラーだけに魅かれて買ってしまうと、使い勝手が悪いこともあり、慎重に選ぶ必要があります。ここでは、レディースの財布の選び方のうち、特に重要な2つのポイントについてご紹介します。

特徴に注目して選ぶ

財布の代表的なタイプには以下のようなものがあります。

長財布

長財布の一番の特徴は収納力です。現金を多めに持ち歩く人も、ついつい小銭がたまってしまう人も、キャッシュカードや会員証などがたくさんある人も、大きいサイズの長財布なら万能です。お札に折り目がつかないのも、長財布のメリットの1つでしょう。

長財布の形もいろいろあり、がま口のもの、ファスナー式のタイプ、かぶせ蓋など、自分の好きなテイストに合わせて選べます。

ただ、長財布の欠点は収納力がある分、かさんでしまうことです。そのため、外出のときの荷物をできるだけ減らしたい人にはあまり向いていないかもしれません。

三つ折り

三つ折り財布の特徴は、コンパクトなことです。ハンドバッグなど、収納力が限られている小さめのバッグにもきれいに収まります。しかし、その分、長財布と比べると、入れられるお札や小銭の量が限られます。

そのため、三つ折りと長財布を併用するのも1つの方法です。長財布をメインの財布とし、旅行やアウトドアなど歩き回る時間が長い場合に三つ折り財布を使用するのです。

二つ折り

長財布だとかさばるけど、三つ折りは小さすぎるという方におすすめなのが、二つ折り財布です。携帯性と収納性の両方を兼ね備えています。

二つ折り、三つ折り財布は長財布に比べてスペースが限られているので、レシートや使わないポイントカードなどが財布の中にたまっていくのを防ぐことができ、整理する癖がつきやすい点もメリットです。

生活スタイルに注目して選ぶ

キャッシュレス派

キャッシュレス派の方には小さい財布がおすすめです。手のひらサイズでたくさんのモノを持ち歩きたくない方にぴったりです。小さい財布にも、見た目以上の収納力を誇るミニ財布もあれば、キャッシュカードが数枚しか入らないようなカードケースもあります。

現金派

キャッシュカードを使うとついつい使いすぎてしまって貯金ができないという方、支払いはできるだけ現金でしたい方には、収納力たっぷりの長財布がおすすめです。カードも併用したい方は二つ折り財布、三つ折り財布も検討してみましょう。

まとめ

財布は持つ人の価値観を表すといっても過言でないでしょう。デザイン性と実用性を兼ね備えたこだわりの財布を選びたいですね。

 
日本でおすすめのWallet Small For Women10選はこちら