電子書籍の選び方(デジタルコミック)

モノ比較編集部

いつでもどこでも本やコミックが読める電子書籍サービス。kindleを中心にいろいろなサービスがあるため、目移りしてしまいます。ここでは、電子書籍を選ぶポイントとデジタルコミックを中心に読書を楽しむユーザーを対象に、人気のサービスを紹介します。

電子書籍サービスを選ぶポイント

デジタルコミックを中心に電子書籍サービスを探している場合、選ぶポイントは以下の4つです。

コミックを多く扱っているか

どの電子書籍サービスにも得意分野があります。ビジネスや経済に強いサービスもあれば、ライトノベルや小説を多く取り扱っている電子書籍もあります。コミックを読むために電子書籍サービスを使いたい場合は、たくさんのマンガを扱っているサービスを選びましょう。

料金体系

「読みたいマンガを読んでいたら、いつの間にかびっくりするような金額になっていた」ということがないように、料金体系を確認しておきましょう。作品ごとに課金されるのか、読み放題なのか、クーポンが使えるのか、ポイント還元を受けられるのか、などを前もってチェックしておくことをおすすめします。

使いやすさ

電子書籍サービスのサイトやアプリのデザインもいろいろです。自分が使いやすいものを選びましょう。ほとんどのサービスで無料お試しができるため、使い勝手を試しておくのが良いでしょう。

端末

kindleや楽天Kuboには専用デバイスがあります。ほとんどのサービスやスマホやタブレットで電子書籍を楽しめますが、実際に自分の端末で試してみて見やすさをチェックしておきたいところです。

人気のサービス

電子サービスを使ってデジタルコミックを楽しみたい方に人気のサービスは以下の3つです。

コミックシーモア

コミックシーモアの取扱い作品数は約130万冊、そのうち約34,000冊がコミックです。既存作品だけでなく、オリジナル作品も取り扱っている点も特徴の一つといえます。月額メニュー登録をすると最大20,000ポイントもらえるのも魅力でしょう。読み放題サービスもあります。

DMMブックス

DMMブックスの特徴はアカウントを登録すると、コミックだけでなく、ゲームや動画サービスも楽しめる点です。大幅なポイント還元セールも定期的に開催していますし、初回購入時に利用できる90%OFFのクーポンが貰えます。

kindle

電子書籍サービスの先駆者であり、いまなお多くのユーザーに支持されています。アマゾンがkindleの発売を開始したのは2007年のこと、それ以来電子書籍の象徴となってきました。

kindleの特徴は何といっても漫画を含めて業界トップクラスのコンテンツを配信していることです。またkindle専用のタブレットを使用することでダウンロードした書籍をいつでもどこでも、目に負担をかけずに読書を楽しめます。さらにkindleは定期的に割引セールを実施したり、kindle unlimitedという読み放題サービスも実施したりしています。

まとめ

いろいろなサービスがありますが、まずはお試し期間で自分がお気に入りのジャンルのコミックが読めるかチェックしてみてはいかがでしょう?

 
日本でおすすめのKindle本10選はこちら